鹿児島県で探偵へ夫婦の浮気相談を行い尾行調査して突き留めます

鹿児島県で浮気相談は頼れる探偵がに無料で出来て今すぐ解決へ!

MENU

鹿児島県で探偵事務所が浮気相談で調査のスタートする手順と結果

浮気に関する調査を探偵事務所の無料相談サービスを使って頼み、調査した趣旨を伝えて見積り額を計算してもらいます。

 

調査方法、調査内容、予算金額に同意したら契約を実際に交わします。

 

実際の取り決めを交わしましたらリサーチがスタートさせていただきます。

 

浮気調査は、大抵2人1組で行っていくことがあります。

 

それでも、依頼者様の要望にお聞きしまして人数は増やしたりしえることが問題ありません。

 

当事務所の浮気調査では、調査している中で時々報告が入ってきます。

 

ので調べた内容の進捗具合を細かく把握することができますので、安堵していただけます。

 

我が探偵事務所での不倫調査の決まりは日数が規定で決定してあるため、規定日数分の調査が終了しましたら、リサーチ内容と全結果を合わせたリサーチ結果報告書がお渡しします。

 

不倫調査報告書には、細かくリサーチした内容についてリポートされており、依頼調査中に撮影した写真などが添付されます。

 

浮気の調査以降、依頼者様で訴えを立てるようなケースでは、これらの調査結果報告書の調査内容や写真等は重要な証明となります。

 

このような調査を当事務所へ求める目的は、この肝要な証拠を入手することにあります。

 

しかし、調査結果報告書で内容に満足できないときは、再度調査の頼むことも自由です。

 

ご依頼された調査の結果報告書に承諾して本契約が終了した時は、これでこの度の浮気のリサーチは終了となり、とても大事な不倫調査記録も当探偵事務所にて始末します。

 

鹿児島県で浮気調査が済むと探偵事務所スタッフが逃げられない証拠を審議に提出してくれます

浮気調査といったら、探偵の事務所がイメージされます。

 

探偵という仕事は、相談者様からの依頼を受けまして、周辺の聞き込み、ターゲットの追跡や、見張り等さまざまな様々な方法を使い、依頼された目標の居所や行動パターンの確かな情報を寄せ集めることが仕事としています。

 

当探偵の仕事は色々ありますが、多い依頼は浮気調査です。

 

浮気調査はかなり多いものなのですね。

 

秘密が重要とされる探偵の業務は不倫の調査にはバッチリ!といえますね。

 

探偵の事務所に不倫調査依頼をしたら、その道のプロならではの知恵やテクニックを用いて、クライアントが求める確かなデータを取り集めてレポートしてもらえます。

 

浮気の調査等の依頼は、昔は興信所にお願いするのが当然でしたが、前と違って結婚相手の身元確認や会社の雇用調査等がほとんどですので、探偵業のように秘密裏に行動するのではなく、目的の人物に対して依頼を受けて興信所より来た者であると伝えます。

 

また、興信所は特に深く調査しません。

 

友人へ聞き取り調査だけの場合もあるようです。

 

ここ最近の不倫の調査では、気付かれないように、身辺調査をしてもらいたい依頼が大半を占めるので、探偵の方が興信所よりも向いてあります。

 

探偵業対する法律は前はなかったのですが、ごたごたが沢山発生したことから平成19年に探偵業を取り締まる法律が施行されました。

 

そのため、営業する日の前日までに届出が出されていなければ探偵の仕事が不可能です。

 

それにより健全な探偵の業務がされていますので、心から安心して不倫調査を依頼することができます。

 

何かあった時はまずはじめは探偵事務所にご相談することをイチ押ししたいと思うのです。

鹿児島県で探偵事務所に浮気を調査する任せたときの経費はどれだけ必要?

浮気の調査で不可欠なのは探偵に要望ですが、手に入れるには証などを施術が納得できなかった場合に、有効な分、経費は高くなっていく傾向にあります。

 

もちろん、ご依頼する探偵事務所によって値段は異なりますので、よりいくつかの探偵事務所があった際にはそのオフィスごとに費用は違うでしょう。

 

浮気調査の場合は、行動調査という探偵員1人当たりに調査料がかかってしまいます。探偵員が増えていきますと調査料金がますます高くなるのです。

 

目標の調査には、相手をつける尾行と結果のみの「簡易調査」と、予備的な調査と探偵に必要な特別機材、証拠で使えるVTR、調査報告書による「基本調査」があります。

 

行動調査にかかる代金は、1時間を一つの単位と決めています。

 

取り決めした時間を超過しても調査をする場合には、延長するための料金がかかってなるのです。

 

尚、調査する人1名あたり一時間で延長料金がかかります。

 

さらに、車両を使用しなければならないとき、代金がかかってしまいます。

 

日数×1台ずつで設定しています。

 

乗り物によって金額は変わります。

 

交通費やガソリン代等調査するのにかかる諸経費等かかります。

 

尚、現場の状況に合わせて、特殊な機材などを使用する時もあり、そのために必要なの代金がかかってきます。

 

特殊機材の中には、赤外線カメラ、偽装したカメラ、仕掛け用カメラ、携帯電話機、隠しカメラのモニター様々な機器があります。

 

探偵では様々な特殊機材を使って高いスキルで問題の解決へと導くことができます。